後頭部が細毛になる原因は男性ホルモン

体の中で最も血行が悪いところは頭部です。心臓よりも上に位置し重力の関係や、頭皮の薄さも原因になっています。
中でも血行が悪いところは後頭部です。血行が悪くなると当然の事ながら髪の毛は元気をなくし伸びにくくなります。まさに水や肥料が不足している植物と一緒なのです。それに加えて現代の人々は、ストレスを感じやすくなっています。精神的にきつい仕事から解放されたり、プライベートの人間関係が解決したら、髪の毛が生えてきたという人も少なくないでしょう。ただそういうのは本当の薄毛体質ではないタイプに限ります。薄毛体質とは、文字通り髪の毛が薄くなりやすく、ストレスが改善したからといって薄毛が治るわけではありません。後頭部がハゲる原因になるのは男性ホルモンです。男性ホルモンは誰もが持っているのですが、それが髪の毛に作用し始めるとやっかいなのです。後頭部が薄くなるのはその部分の毛根に男性ホルモンを受け取るたんぱく質(受容体)があるためです。つまりなんらかの対策をすぐに始めないとハゲ上がるのをただ待つことになってしまうのです。それにはふだんの食生活や習慣を見直すことも大切です。しかしそれでも改善する兆しがないのなら、シャンプーや育毛剤に使用してみてはどうでしょうか? シャンプーはただ汚れを落とすだけではなく、髪の毛に栄養を与えてくれるものもあります。育毛剤も中にははっきりと効果を期待できるものがあります。とにかくあきらめてしまわないで、何らかの手段を考えることが大切なのです。それがあなたの人生を大きく左右することになるでしょう。薄毛は自分にも他人にも、メリットを与えるものではありません。もしもあなたが薄毛に悩んでいるのなら、くよくよするばかりではなく、改善手段を見つけるべきです。

細毛対策おすすめ育毛剤ランキング

チャップアップ
チャップアップ

公式サイトへ


M-1育毛ミスト
M-1育毛ミスト

公式サイトへ


ブブカ
ブブカ

公式サイトへ